沖縄でおすすめのシミ取りレーザークリニック2019

シミ取りと聞いて真っ先に思い浮かぶのはレーザー治療かもしれませんが、美容皮膚科ではレーザー以外のシミ取りの治療法を選ぶこともできます。この記事では美容皮膚科で受けることができるシミ取り治療法について詳しく説明していきます。

美容皮膚科で行うシミ取り器具を使用するシミ取り

美容皮膚科で行うシミ取りで、器具を使用する方法にはシミ取り光治療とシミ取りレーザー治療の2種類があります。

①光治療

光治療は特殊な光を肌に照射してコラーゲンの生成を促進することで、シミを徐々に薄くしていく治療法です。1回に治療ではなく数回治療を行う必要があります。
照射される光は低出力な上に、照射部位にはあらかじめゲルを塗っておくので、肌への負担を少なくすることができます。

肌へのダメージが少ないのにシミ取りの効果は着実に出るというメリットがありますが、複数回の治療を行うため費用は高めになってしまうデメリットがあります。

②レーザー治療

レーザー治療は皮膚にレーザーを当てて、ミクロン単位の極小の穴を皮膚に作り出すことで、その穴から古い角質を体外に排出して新しい皮膚の生成を促すシミ取り治療法です。

レーザーを皮膚に当てて直接シミの元となるメラニン色素を破壊するタイプのレーザー治療もあります。

美容皮膚科で行うシミ取り薬を使用したシミ取り

美容皮膚科で行うシミ取りには、内服薬や外用塗布薬といった薬を使用する治療法もあります。

①内服薬を使用する

シミの元となるメラニン色素の生成を抑制する効果があるトランサミンや、メラニン色素が皮膚に沈着してシミに変化することを防ぐ効果のあるビタミンC誘導体などを含む内服薬を飲むことでシミ取りをする方法です。

シミを消す効果があるビタミンEやメラニン色素の生成を遅らせる効果があるL-システインなど、ビタミンCと併せて服用すると相乗効果が期待できる成分が含まれている場合もあります。

②外用塗布薬を使用する

外用塗布薬をシミがある部分に直接塗布することでシミ取りができる治療法です。

薬にはメラニンの生成を抑制することで漂白効果があるハイドロキノンや、皮膚の新陳代謝を活発化させて新しい皮膚を作ることでメラニン色素を体外に排出する効果があるトレチノインが含まれているので、塗り続けることで徐々にシミが薄くなっていき、最終的には消し去ることができます。

レーザーを使用したシミ取りとは?

レーザーを使用したシミ取りはさまざまなシミ取り治療の中でも特に効果が高い治療法です。レーザーでなぜシミ取りができるのか、レーザーを使用したシミ取りの具体的な流れについて説明します。

どうしてレーザーでシミが取れるの?

レーザーを使用したシミ取りはレーザーをシミに照射することでシミを焼き切って消滅させる治療法です。

シミ取りレーザーによってシミの原因であるメラニン色素を焼き切ることができるためシミも消えるという仕組みです。

レーザーは黒や茶色のみに反応する特性があるため、肌にあるメラニン色素だけを狙い撃ちすることができ、メラニン色素の周りの肌に影響は基本的にはありません。

しかし、まれに照り返しなどにより肌にダメージが出ることもあるので注意が必要です。

レーザーの照射は1回で終わりではなく、複数回行わなければなりません。皮膚のターンオーバーは28日ごとに繰り返されるので、レーザーでシミを焼き切っても新しい皮膚ができるまではシミのない皮膚になることはできないので、すぐにシミのない肌を手に入れられるわけではありません。

レーザー照射でシミを焼き切る、かさぶたになる、新しい皮膚ができるというサイクルを複数回繰り返すことで、シミのない皮膚を作り出すことができます。

レーザーを使用したシミ取りの流れ

シミ取りレーザーを照射すると痛みを感じることもあるため、痛みに弱い方などは希望すればレーザー照射前に麻酔をすることができます。麻酔にはジェルタイプや貼り付けタイプなどがあります。

麻酔が終わったらレーザーの照射が行われます。施術時間はシミの大きさによって異なりますが、一般的に10分ほどかかります。レーザー照射部分は照射直後は白くなりますが、その後かさぶたができます。

かさぶたは次第に赤黒く変色していくので、気になる方は絆創膏で隠すこともできます。その後、1週間ほどするとかさぶたがはがれてきて、色もだんだん薄くなっていきます。約半年後にはシミが消えています。

レーザーを照射してから1ヶ月ぐらいすると一時的な色素沈着が起こ場合もあるので、日ごろのスキンケアや紫外線対策を行うことが大切です。

シミを治療する時代往来!最新レーザー治療事情

従来のシミ取りレーザー治療法だけでなく、最近ではよりシミ取り効果が高い新たな治療器が開発されてきています。選択肢が広がった分、自分に合った治療器を選びたいものです。

そこでここからは最新レーザー治療事情をご紹介します。

最新光治療を使用したレーザー治療

レーザー治療によってシミを消したとしても、他の部分に新たなシミができてしまうなど、いつまでたってもシミ取りが完了しないこともあります。

そんな従来のシミ取りレーザー治療法の弱点を補うことができるのが最新光治療を使用したレーザー治療です。

フォトシルクプラスという最新光治療なら皮膚表面にあるシミだけでなく、将来シミになる可能性がある皮膚の深い所にあるシミ予備軍まで治療することができます。

さらに、毛穴の引き締めやニキビができた後の肌の赤み対策にも効果を発揮します。施術時間は10分ほどで、すぐにメイクができるという手軽さも魅力です。

シミ以外にも効く!?しわやたるみに効くレーザー

最新シミ取りレーザー治療の中にはシミを消すだけでなく、しわやたるみに効くレーザーもあります。ここからはシミ以外にも効くそんな最新レーザーをご紹介します。

①サーマクールCTP

年齢を重ねると皮膚がたるむことによってできるしわが目立ってきます。特に口元などはしわが気になる部位です。サーマクールCTPは肌にレーザーを照射することでシミを取れるだけでなく、皮膚を引き締めることでしわも消す効果があります。

②ポラリス

レーザーだけでなく高周波も照射することができるレーザー治療器です。レーザーだけだと火傷など肌ダメージを引き起こすリスクがありますが、高周波も照射することでそのリスクを軽減し、コラーゲン生成も促進できるので肌にハリが出ます。

③ノンアブレイティブ・レーザー

従来のアブレイティブレーザーに比べてシミ取りの効果は低めですが、肌へのダメージがより少ないためダウンタイムを短くすることができるレーザー治療器です。さらに、肌を引き締める効果も期待できます。

④アブレイティブレーザー

レーザーによって表皮に加えて真皮の一部も焼き切ることができるので、従来のレーザー治療器に比べて1回の治療でより高い効果が期待できます。
シミ取りに高い効果があるだけでなく、レーザーの照射熱によって皮膚細胞の再生を促すことでしわを改善することもできます。

シミやそばかすを取る!Qスイッチレーザーって何?

シミだけでなくそばかすやあざなども消す効果があるQスイッチレーザーというレーザー治療器も開発されています。ここからはQスイッチレーザーの情報や治療法について解説します。

Qスイッチレーザって何?

Qスイッチレーザーは医療用のレーザー治療器で、シミだけでなくそばかすやあざ、入れ墨までも消すことができる高い効果を持っています。

Qスイッチレーザーは694nmという波長を持ち、もともと肌へダメージを与えてしまう従来のレーザー治療器の弱点を補うために開発されたので、肌に傷を与えることなくシミを消すことができるという肌に優しいレーザーになっています。

色の濃いシミだけでなく色の薄いシミにも反応することができ、あざに関しても黒色や茶色だけでなく色の薄い青あざにも反応できるため、幅広い方の治療に対応できるのも魅力の一つです。

Qスイッチレーザーの治療法は?

スイッチレーザーの照射前には化粧を落とす必要があります。照射部位が化粧した状態だと感度の高いレーザーがファンデーションの色に反応してしまうためです。また、希望すれば麻酔を利用することが可能です。

痛みに敏感な方でも心配なく照射を受けることができます。照射は10分ほどで終了します。照射後には照射によって白くなった部分に保護テープを貼ってくれるので、湿度を保って効果的に照射部位を治療することができます。Qスイッチレーザーの治療は治療完了までにこの工程を5,6回繰り返します。

Qスイッチレーザー治療に関する注意点

Qスイッチレーザーはシミだけでなくそばかすやあざ、入れ墨にも対応可能ですが、肝斑には使うことはできないので注意が必要です。肝斑に照射すると色が濃くなるなどかえって悪化してしまいます。

また、照射後の肌は紫外線に弱いため日焼けすることは避けなければなりません。洗顔や入浴など日常生活は問題なく送れますが、皮膚を強くこするようなことはしてはいけません。

照射後にはシミがあった部分にかさぶたができますが、無理にはがそうとせずに7日から10日後に自然にはがれるようになるまで待つことが大切です。

レーザー治療以外にシミを取る方法とは?

シミを取る方法は、医療機関でのレーザー治療以外にも専用化粧品やクリーム、馬油を使うものがあります。どの方法も手軽で自身でも実践できるので、気軽に試していきましょう。

シミ取り専用化粧品でシミを取り消す

シミ取り専用化粧品はピーリング成分や、シミに働きかける美容成分が含まれていることが多いです。ピーリング成分は肌の角質を取り除くことで、だんだんシミが薄くなっていくとされます。

しかし、成分が強すぎる製品や使いすぎは、肌トラブルの原因にもなりかねないので、気をつけましょう。

有効成分としては、ビタミンC誘導体とハイドロキノンの二つが有名です。ビタミンC誘導体は活性酸素を排除したり、メラニン色素の沈着・発生を防ぐ効果があるとされています。

ハイドロキノンはメラニンが作られる際に欠かせない、チロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを抑える効果がある成分です。なお、メラノサイトにも作用して、メラニンが作られるのを邪魔するような効果もあります。

馬油でシミを取り消す

馬油は古来、怪我ややけどによく用いられてきたアイテムとなります。テクスチャーはドロっとしたものが多いですが、実は肌に対して浸透する力が強いのが特徴です。

人の脂質ととても似通った成分で、浸透しやすく、肌への影響も少なめ。肌に染み込んだ馬油は、血の流れやターンオーバーを促す効果があるとされます。このために、肌の新陳代謝を促して、継続して使ううちにシミ取り効果が現れてくると言う仕組みです。

ただし、作用する力は穏やかですから、完璧にシミを除去するのではなく、薄めていくような感覚で利用しましょう。

クリームを使用してシミを取り消す

シミ取りクリームには、クリニックでも利用されているハイドロキノンやトレチノインを配合したものが多いです。ハイドロキノンはメラニンが作られにくくする効果が期待される成分。

これに対してトレチノインは、人間の体に元々から含まれている成分で、肌のターンオーバーを進めるとされます。トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、ニキビ治療などにも使われているのですが、シミやシワにも効果があることがわかってきました。

なお、シミ取りクリームは顔の全域に使うものと、部分的に集中して利用するものがあります。一箇所集中型のクリームは、有効成分が多く配合されるケースが多いです。

シミに効く内服薬はある?

クリニックや病院では、シミ取りにはレーザーや光治療器を使うだけではなく、内服薬を同時に用いるケースが良くあります。ここでは、内服薬がどんな仕組みでシミに作用するのか、見ていくことにしましょう。

シミを取り消す内服薬の作用

医療機関でのシミ治療は、まずは検査をした後に内服薬による治療を始め、それからしばらく経ってからレーザーなどで治療を始めるケースが一般的です。内服薬で体の内部からコンディションを調整し、その上でレーザーを使うようなパターンが多くなっています。

一般的には内服薬は、利用しはじめてすぐに効果が現れることは少ないです。体内部からじわりと効いてくるため、顕著な変化を感じられないこともままあります。ただし、継続していくうちに効果が積み重ねられていきますから、服用をやめた途端に、影響を感じる方はしばしばあるようです。

なお、内服薬はレーザーでのシミ取りをした後も、継続して飲み続けることも少なくありません。使い続けることでシミの発生リスクを抑制できるため、繰り返してシミができやすい体質の方は、上手に活用していくと良いでしょう。

シミに効く内服薬の有効成分

①ビタミンE

美容成分として盤石の人気を誇るビタミンCと、組み合わせることで更に効果を期待できる成分です。

②L-システイン

アミノ酸の一種で、ビタミンCと併せて利用することで、シミ取り効果を高めてくれる期待がもてます。L-システインはメラニンの生成を減らす成分として知られ、抗酸化作用が認められているのが特徴です。

③トランサミン

皮膚の疾患やアレルギーの治療に使われていた成分ですが、肝斑に良いとの研究報告があり、美容目的での利用も進んできました。比較的安全で使いやすく、副作用も少ないとされます。メラニン色素が作られるプロセスを阻害し、肝斑を薄くしていく効果が知られています。

④ビタミンC誘導体

強力な抗酸化物質で、活性酸素を除去して色素の沈着を阻害する目的で活用されています。残念ながら人体で作ることはできないので、摂取することが欠かせません。

シミ消しに効く化粧品とは?

現在はシミ対策を目的とした化粧品も、色々なメーカーから発売されるようになってきました。ここではシミ対策の化粧品を選ぶ時のポイントについてなどを、確認していきます。

シミ消しに効く化粧品とは?

シミ取り効果があるとされる化粧品は多いですが、種類が豊富すぎて何を使うべきか悩んでしまうことも少なくありません。そこで、選ぶ際に押さえておきたい事柄や、チェックポイントを見ていくことにします。特に有効成分は、しっかりと吟味していきましょう。

①ビタミンC誘導体

メラニンができにくくする作用とともに、色素自体を還元する効果があるとされ、医療機関での利用も多いです。

②ハイドロキノン

メラニン色素が発生する過程では、チロシナーゼと呼ばれる酵素が深い関わりを持っています。ハイドロキノンは、このチロシナーゼの働きを低下させつつ、その還元力で色素を排除する効果も。

還元力には定評があり、カメラフィルムの現像にも欠かせません。この二つの働きから、今では皮膚科などでも利用されることが多くなってきました。

この成分は天然のいちごや紅茶などにも含まれていますが、使い方を間違うと肌への刺激も心配なので、慎重な取り扱いが望ましいです。

ちなみに、シミ対策としてはこれらの成分と同時に、入念にUVケアを行うことも大切。UVカット化粧品もしっかりと活用していきましょう。

シミ消しに効く化粧品に配合される有効成分

シミ取り用の化粧品に利用されている成分について、特徴などをチェックしていきます。

①ハイドロキノン

自然界にも存在する成分のハイドロキノンは、新規にメラニン色素が作られることを阻害し、できてしまった色素を薄くしていく作用が知られています。

シミの他にも美白目的での人気が高く、くすんだ肌を改善し、透明感を取り戻すためにも活用されている成分です。

②ビタミンC誘導体

ビタミンCの誘導体は、一般的なビタミンCを少し改造して効果を高めた成分です。普通のビタミンCに比べて、肌に浸透しやすいのが特徴。染み込んだ後はビタミンCに変わっていく性質があります。

効果の持続期間も比較的長めで、肌の深部においてメラニンの生成を防ぎ、色素が沈着しないよう働きかけてくれます。

シミ対策は1年中可能!

シミは年間を通して発生するリスクがあります。日々の生活で気をつけないと、少しずつ色素が生成されて沈着していきますので、できるだけ普段からケアをしていくことが大切です。

日頃からやっておきたい対策としては紫外線ケアと同時に、体の中からシミ予防を考えていくことも欠かせません。その具体的な方法を、ここでチェックしていきましょう。

シミ対策には紫外線を避けて

シミだけではなく、シワやタルミの原因として知られている、美容の大敵が紫外線です。紫外線は気付かないうちに肌にダメージを蓄積させ、光老化を招く上にメラニン色素の沈着を加速させてしまいます。

日差しの強い初夏・夏シーズンはもちろん、冬場でも油断は大敵です。対策としては、まずは紫外線を浴びないようにカットすることが重要です。UVカットクリームをきちんと使って、日傘や鍔広帽やマスクなども活用していくようにしましょう。

なお、目の周りは色素が沈着しやすいので、サングラスを活用していくのがおすすめです。日差しがある時は当然として、曇りの日でも紫外線は発生するので気が抜けません。

部屋で過ごすことが多い方も気をつけるべきですし、移動中の電車内でも紫外線のリスクはあるとされます。UV対策は年間を通して、日常の習慣として考えていくようにしましょう。

身体の中からシミを防ぐ対処を

紫外線はカットすることも大切ですが、完璧に防ぎ切ることは難しいものです。きちんと対策していても、どうしても若干の量を浴びてしまうことは避けられません。

そこで、少しでも浴びた分は、体の中からアプローチしていくことが大切なのです。つまり、紫外線対策は体の外と内側の、二段構えで考えていくのがおすすめ。

ここからは体の内部からケアするための、知っておきたい有効成分を見ていきましょう。

①ビタミンC

美容成分としてあまりにも有名なビタミンCは、その抗酸化作用のために紫外線ケアにも有効性があります。水溶性なので短時間で体から排出される性質があるため、継続的に摂取するようにしましょう。

②ビタミンA

ビタミンAも抗酸化力が認められた成分で、肌のターンオーバーにも関係があります。免疫力の改善にも寄与しますので、肌荒れ対策にも便利です。

③ビタミンE

ビタミンE自体にも抗酸化力が認められています。ビタミンCとセットで使うことで、お互いの効果を高めあう特徴があるので、二つ一緒に利用されることが多いです。

シミ消しクリームってどれを選べばいいの?

シミ消しクリームを選ぶときにはトレチノインというメラニン色素を消す成分のものや、バイドロキノンというメラニンを抑制する成分が入ったものを選ぶと良さそうです。

メラニン色素を抑制するシミ消しクリームが有効

シミ消しクリームは、美白成分が含まれるためにメラニン生成を抑制してくれる効果が高いです。

またメラニン色素が作られないようにする効果を持つ、シミ消しクリームがあります。

さらに、既にできてしまったシミに消すのに効果的なクリームがあるのも特徴です。

これら二つを区別しながらシミ消しクリームを選ぶのが良さそうです。

そして、シミを消すことに特化したシミ消しクリームでは、バイドロキノンという成分がメラニン色素を分解してくれます。

バイドロキノンの成分があることにより、メラニン色素を白くさせて肌を白く導いてくれます。

さらに、くすみやシミなどにピンポイントで効果を発揮してくれるのも特徴です。

そのために、シミ消しクリームの成分の中にバイドロキノンが含まれているものは効果が高いと言われていて、メラニン色素を抑制するのに期待できそうです。

シミ消しクリームの使用方法

シミ消しクリームの使用方法は、効果が発揮できる使い方があるようです。
シミ消しクリームを使うときには、まずクリームを塗るタイミングが重要になってきます。

タイミングとしては、お風呂に入ったあとやスポーツなどをしたあとで、体温が上がっているときが良さそうです。
その理由としては、肌の奥深くにメラニンがあるためです。

それには毛穴を開かせると同時に、肌の水分量を多くする必要があります。
そうすると、シミ消しクリームの有効成分が肌に浸透していきます。

もちろん肌を清潔にして、ケアをしっかり行ってからクリームを塗布していく必要もあります。

さらに、シミ消しクリームを肌に塗ったら、五秒程度ほどハンドプレスをすると効果が上がると言われています。

なぜかというと、有効成分を手で温めることにより肌の奥深くまで浸透させることができるからです。

塗るときにコットンを使う方もいるようですが、シミ消しクリームは、自分の手で包み込むように塗りなじませていくことのがポイントになります。

また手段として有効になるのが蒸しタオルを使うことです。

そうすることで、さらに成分が染み込んでいきます。

シミを消し去るハイドロキノンのデメリット&メリット

バイドロキノンは美白の効果が高いのが、メリットとして挙げられます。
しかしデメリットもあり、使用したあとで太陽などの紫外線にあたることで、シミを悪化させてしまうことがあるのです。

ハイドロキノンの良い点

バイドロキノンの良い点としては、チロセナーゼの生成を抑制してくれるところです。

さらには、チロセナーゼを作るチロシンにも直接働きかけることができ、美白へと導いてくれるのです。

また、バイドロキノンはメラノサイトを抑制してくれる効果もあります。

そしてとても強い還元作用でシミを消してくれ、くすみや色ムラも消してくれます。

また、バイドロキノンは天然成分でもあるところが良い点で、紅茶などにもの食品にも含まれるために安全性が高い成分ということです。

また、バイドロキノンは表面上の肌の部分だけではないところにも効果を発揮するところが良い点です。

さらに、肌の新陳代謝を促す成分と同時に使うことでも効果が高いと言われています。

深い部分にあるシミを分解する効果を持っているので、バイドロキノンはシワやニキビの跡にも効果的だということです。

また深い部分のシミにたげではなく、シミを予防することにも優れている成分だということです。

ハイドロキノンの悪い点

バイドロキノンの悪い点としては、日中には使用を控えたほうが良いというところです。

それは、紫外線に当たることでシミがさらに悪化してしまうのが原因です。
さらにバイドロキノンは、人それぞれの反応を示す場合があるのです。

それは、肌に合わない人がいるということなのです。

バイドロキノンが肌に合わないと、かゆみなどの症状を引き起こす可能性があると言われています。

また、バイドロキノンは保管しておく方法が難しいとも言われています。
それは、バイドロキノンの特性に熱や酸素や紫外線に弱いということからのようです。

そのために、早めに使いきらなければならないようです。

また、日本で販売されているバイドロキノンは、化粧品に2%以下しか含まれておらず、価格も高いです。

海外の製品になると、5%のバイドロキノンが含まれている化粧品もあるのですが、その場合は白斑を引き起こしてしまう可能性もあるようです。

シミやそばかすに効くサプリとは?

シミやそばかすに効果があるサプリは、接種するのを早くすればするほど、シミの原因を予防することができるようです。
また、サプリには健康的に肌を保つ成分が含まれ、シミの予防の他にも期待できるものが多いようです。

また、効用が国に認められている医薬品のサプリを選ぶのが良いようです。

シミやそばかすに効く美白成分

シミやそばかすに効く美白成分は、実際にサプリメントで販売される成分と成分の表示は変わってきます。

サプリメントのL-システインは、システインと書かれていたりL-システイン表示されています。

L-システインは、ビタミンCとの相乗効果によってメラニンを還元する力が高く、美白へと導いてくれます。

また、サプリメントとして販売されときに書かれているビタミンCは、アスコルビン酸や柑橘系の果実の名前のことを表してきいます。

βカロテンと表示されているのものは、緑黄色野菜の抽出エキスや、その粉末を指しています。

エラグ酸の表示は、ラズベリーエキスやザクロエキスといったものを指しています。

ビタミンEと書かれているものは、ゼラチンや大豆、なたねという名前で表示されています。

ビタミンEは、ビタミンCと一緒に接種することによってシミを消しやすくなり相乗効果が上がると言われています。

また、サプリメントを選ぶときには選び方もあるようです

それはシミやそばかすに、さらに効果があるのは成分が一つだけ書かれているものをよりも、複数の成分が書かれているものを選ぶと効果的です。

シミ、そばかすに効くサプリの選び方

シミやそばかすに効果的なサプリの選び方は、天然成分が配合されているものを選ぶのがポイントです。

①価格が適正か

シミやそばかすに効くサプリメントを選ぶときには価格が適切かどうかも判断材料になります。
高いと良いというわけではないのですが、安すぎるものだと安全面や成分の含有率に不安が残ってしまいます。

注意するポイントとしては、海外のサプリメントは日本人には強すぎる効果のあるものがあるので気をつけたいところです。
また、サプリメントは三ヶ月は飲むのが基本なので、長く続けられる価格帯から選ぶのが良さそうです。

②天然成分が含まれているか

サプリメントも選ぶときに天然成分が含まれるているかどうかはポイントです。
おすすめなのは、果実などから抽出されている天然成分のものが良いです。

それは、安全面の高さや身体への吸収率の高さを考慮した結果からそう言われているようです。

皮膚科でシミ消しはできる?

皮膚科でシミ消しができるかどうかというと、イメージとしては美容系の医療が挙げられますが、皮膚科でシミ消しをすることはできます。
さらに、皮膚科ではレーザー以外にもシミ消しの方法があるようです。

外用薬でシミを消す

皮膚科に行き外用薬でシミ消しをする場合では、二つの軟膏が処方され直接塗ります。
その一つがバイドロキノン軟膏で、漂白作用が強いのが特徴です。
また、成分が5%から10%と濃度も高いです。

メラニン色素を作る細胞を減らし、メラニンの生成を抑えてくれるので、皮膚の表面の浅いところのシミに効果があります。

さらに、美白効果がアルブチンの100倍と強いので、かぶれたりすることもあるので医師の処方の元で使うのが良いと言われています。
もう一つは、トレチノイン軟膏というのがあります。

作用としては、皮膚の新陳代謝を促進させメラニンを外へ出す働きがあります。
また、角質のピーリング効果を使ってコラーゲンを増やしてくれる特徴もあります。
さらに効果として、皮脂分泌を抑えてくれます。

内服薬でシミを消す

内服薬を用いてシミを消すときには、主に四つの成分からなる内服薬が処方されます。
成分としてはビタミンC誘導体あります。

これは、高酸化作用があってメラニンに働きかけて色素が着くのを防ぎます。
ビタミンEは、若さを保つ効果が期待され、ビタミンCと一緒に接種すると相乗効果があります。

トランサミンは、メラニンが作り出される原因となるメラノサイト活性化因子をブロックする作用があります。
さらに、そうすることでメラニンの発生を防ぐ効果があります。
L-システインはメラニンの色を白くしてくれ、さらには美白効果もあります。

皮膚科でのシミ取りは保険適用される?

皮膚科でのシミ取りに保険が適用されるかどうかというと、基本的には保険は適用されないようです。

なぜならば、医療目的というよりは美容目的だと考えられるからのようです。

また、保険が適用されるケースもあります。
それは、火傷などが原因となったシミの場合は、保険が適用されます。
しかしこのケース以外は、自費の診療となるようです。